匂い

ひとの匂いが、意外に記憶に残ってしまう性質である。
匂いで、あるひとが近づいてきたのもわかるし、その人が少し前までそこにいたこともわかる。
その中身は、香水が主なのだけど、カラダに染み付いた匂いみたいなものもわかることがある。これは、自分に近しい人限定。

以前、好きだった人は、媚薬のやうな匂いをもった人だった。
この香りをどうやってつくりだすのか、ついに聞けないままだった。
例えて言うなら、ひとかかえの薔薇の花束の香りを凝縮したような。
抱きしめられると、うっとりとした。

なぜ、「匂い」に思いをはせたのか。
それは今日、ふとした拍子に、彼の匂いを嗅ぎとったから。
男の人にはめずらしい、やわらかいシャンプーの香り。
いかつい図体に、そぐわなく。
けれど、なにか、かわいらしく。